2011年11月20日日曜日

Abdroidアプリを作成、公開しました!


このアプリは、チームプレイが重要なスポーツや対戦ゲームなどで仲間と作戦を立てるのに有益なアプリです

具体的には、作戦マップの画像を自由に決め、ユニットを自由に動かし、作戦をシミュレーションすることが可能です。画像を自分の好きなようにカスタマイズできるので、Androidらしい自由さを有しています。使い方などは以下の動画から。
http://www.youtube.com/watch?v=6tjfiD4CcwI

フットサルコートの画像


アプリのダウンロードはこちらから
https://market.android.com/details?id=appinventor.ai_wwwmmmssstu.BriefingBoard&feature=search_result#?t=W251bGwsMSwxLDEsImFwcGludmVudG9yLmFpX3d3d21tbXNzc3R1LkJyaWVmaW5nQm9hcmQiXQ..

2011年11月8日火曜日

GoogleLabs閉鎖に伴うAppInventorのMITへの移行

気づいたらこんなアナウンスがされてました。


It been a while since the announcements of our intent to open source App Inventor and
 the creation of the MIT Center for Mobile Learning to support and extend the open sourced App Inventor code.  
On the development side, we've been quite busy working to port the code to utilize the Google App Engine platform
 and other open source software stacks.  We've made great progress in that regard and are quite confident
 that we'll soon be able to hand over a working codebase to MIT.  Then we'll continue to work with engineers
 at MIT to get that code up and running on MIT controlled servers.  


We'll also be helping them to ensure that the code can scale to support the expected level of App Inventor use.  

We anticipate these handover activities to take a few months. This means that it is very likely
 that there will be a period of time between when the current servers are shut down (i.e. December 31, 2011)
 and when the MIT servers are up and running at full scale.  It is also likely that before the end of the year
 MIT will be able to make versions of the open-source code or libraries available to experienced
 App Engine developers in order to run their own App Inventor servers on App Engine for small scale groups.
  We also anticipate that MIT will open up test versions of the server before the full scale server is up and running.
 We at Google might also ask for your help in testing even earlier versions.  As this handover proceeds and
we have more test results we'll continue to fill you in our progress and get more specific about plans and dates.

I'd also like to mention that we recently held an App Inventor Summit meeting on the MIT campus,
 where MIT, Google and representatives from some of our larger user organizations met for a day
to discuss the handover and what we can do to help ensure the long-term future of App Inventor
 and its community of users.  The meeting went very well and I'm hoping that some of the people
 who were there will post their take on the day's activities.  One of the outcomes of the meeting was
 that the MIT Center for Mobile Learning will soon start communicating its plans and will host some stories
 and information from the App Inventor educational user community.

Thanks to all of you for your continued support of App Inventor.
Your enthusiasm and feedback have inspired us through the first phase of App Inventor.
We hope it will similarly inspire the next phase!

-Mark and the rest of the App Inventor team

AppInventorが現在のGoogleサーバーから2011/12/31になくなるみたいです。
それまでには、MITに完全には移行できないみたいですね。
とりあえず、データをしっかりダウンロードしておいたほうが良さそうです。


2011年11月7日月曜日

AppToMarketの紹介

今日は、超便利ソフトを紹介します!

AIで作成したアプリをAndroidマーケットに登録するためには、作成したアプリに署名をする必要があり、eclipseなどで編集しなければいけません。

ですが、このソフトをつかえば、Javaの編集ソフトのeclipseなどを使用せずに登録可能なアプリを作ることができます。このソフトの作成者のM.Hossein Amerkashiさんには、ほんと感謝です!


ダウンロードの仕方等
ダウンロードしたのち、runMeWindows.batを開きます。まずは、署名に必要な情報を入力します。

1.Certificate Detailsにいろいろ入力

分かりにくいところをちょい解説すると
organizationは、個人作成なら自分の名前でいいみたいです。
departmentには職業を。alliasにはペンネームを。
全て埋めたら、genetateし、save configすれば、署名は終了です。一度やれば二回目以降はこの作業は不要です。

次にアプリを変換します。2.De/Re compile and wrap-up

まずは、アプリを選びます。デフォルトはダウンロードしたファイルのmyapksにあるものなので、browseから選びます。
そして、1>Deconpileをクリックし、アプリ名_new.apkファイルができます。
次に、Featuresを適宜変更します。
まず、バージョンの番号とバージョン名を決めます。同じバージョン番号だと既にインストールしてあるものと被ってしまいアンインストールしないと、インストールできません。
そして、orientationにてアプリの種類を決めます。portraitが縦向き専用、landscapeが横向き専用、sensorが横縦ok、behindは画面なしだと思います。
Install toは、インストール先を表しています。
そして、screenにて上のアクションバーおよびタイトルを隠すか決めます。WithActionBarがタイトル、アクションバーあり、Notitlebarがアクションバーありでタイトルバーなし、Notitlebar.fullscreenで両方なしになります。画面遷移させにくいAIのアプリならタイトルバーが邪魔なだけなので、Notitlebarがとても便利です!

そして、アプリのサイズを選び、タブレット用などに拡大できるかを選択し、アプリの名前を入力すれば、あとは右上のoneclickConvertを押し、数分待てばアプリ名_new_ZipAlign.apkができます。これで完成です。これをアップロードすればAndroidマーケットに登録できます。

Androidディベロッパーの登録は、ここらに詳しくあるので譲ります。http://techbooster.jpn.org/andriod/environment/1018/
最後に、クレジットカードでJCBは、登録はできるけど、入金できず、他のカードでやり直さなければいけなくなるのでお気をつけください!(2011/11/07現在)